スペインのリフォーム事情

スペインのリフォーム事情をちょこっと
c0129558_18501512.jpg

築100年、外壁は景観保存のため変えることは出来ません。
c0129558_18525243.jpg

マンションなので共同部分は厄介です。
エレベーターは今のスペインの建築方では何階以上だと付けなく、さすがに100年も昔のは付いてなく。
取り付け合意まで、約10年以上の歳月、住民会議で話し合ってやっと3年前に完成しております。
以前の階段は非常階段として利用され、エレベーターは螺旋階段の真ん中のスペースに設置されるので、エレベーターもオーダーメイド。
完成までに、約1年半以上かかったそうです。
ただ、日本人なら半年ぐらいかもしれませんが?
c0129558_1858481.jpg

玄関ホール
c0129558_1858579.jpg

スペインの家の床はタイルです。
最近はフォローリングも流行ってきましたが、やはりタイルがまだ主流です。
天上までは約3メートル。広く感じるけど、冬は寒いらしいです。
c0129558_1901639.jpg

キッチンです。
写真は古いタイプの物ですが、スペインも今流行りはシステムキッチンだそうです。

日本人がスペインで工務店開いたら仕事が速くて流行りそうに思いますが、案外とスペイン人から見ると仕事が早いということは手抜きに取られるのかなー?
[PR]

by garayam | 2007-12-21 19:04 | 海外通信局  

<< スペインのクリスマス その一  パラドール >>